磐梯高原猪苗代町の喜多見建築
事例紹介
リフォーム
事例大規模建造店舗改築梁と柱明治時代高断熱・高気密増改築新築和洋介護
永く住める家空間を意識した家螺旋階段を活用美と機能SNAP

〜 和と洋の融合 〜
日本を含めた東アジアは、古来より木と土と紙を用いて家を作ります。
一方、ヨーロッパなど「東アジア以外」では、石を用いて家を作ります。
石造りは建てるのに何年もかかりますが、完成後は何百年も使用する事が可能なほど頑丈な家になります。

では、なぜ東アジアでは頑丈な石で家を作らないのかと疑問に思う方もいると思います。
最大の理由は、夏の湿度です。

在来工法でも説明してあるように、木や土や紙は、「呼吸」をするため、換気が容易になります。
それでも、洋風な建築美にあこがれる方も少なくは無いはずです。

喜多見建築は、お客様のどんな要望にもお応え出来るよう、一生懸命考え、一生懸命汗をかきます。

レンガや石などの西洋に多く見られるデザインと、在来住宅を融合させた事例を写真で紹介します。
洋風なデザインにはなっていますが、日本の気候風土に合った創りを実現しています。
リフォーム
和と洋の融合の事例写真
リフォーム
有限会社 喜多見建築
トップ 会社概要 業務内容 事例紹介 リフォーム リンク お問い合わせ
〒969-3286
福島県耶麻郡猪苗代町大字磐根字大神1652-23
TEL 0242-65-2336
FAX 0242-65-2020
Mail kitami-k@inawasiro.com
福島県猪苗代にある喜多見建築は在来工法による健康住宅にこだわり続けています。
猪苗代はもとより、郡山市、会津若松市・喜多方市・北塩原村・磐梯町・塩川町で新築住宅建築・リフォーム・修理工事全般を手がけておりますので、何度も安心してお問い合わせください。
納得いくまで、何度でもお気軽にご相談ください。